走行距離が伸びたトラックは売れるのか?

数十万kmもザラの商用車

数十万km走るトラック 乗用車では10万kmが買い替えのひとつの目安と言われていますが、仕事で一日中走るトラックやダンプ、バスといった商用車は乗用車とは比べ物にならないほどの距離を走ることになります。

そのため長距離を走るものだと1年で10万km走ることも珍しくなく、走行距離はあっという間に伸びてしまいます。

トラックなどは長い距離走ることを想定して作られているので、しっかりとメンテナンスをしていれば数十万kmは普通に走りますが、買い替えや売却となった場合走行距離の伸びたトラックやバスは売れるのでしょうか?

トラックやバスの走行距離の限度は?

商用車、乗用車問わず車両というのは車体やエンジンが大きいほど丈夫に作られており、乗用車でも排気量が3000cc以上の高級車はオイル交換などの基本的なメンテナンスだけで20~30万kmくらいは問題なく走ります。

2tや4tくらいの小型トラックでもしっかりとメンテナンスを行っていれば50万kmくらいは走りますし、大型トラックやダンプ、バスなどは100万kmを超えるようなものも散見されます。

トラックではありませんが仕事で多く使われるハイエースなども30万、50万km走っている場合もあり、過酷な使用環境を考慮して作られている商用車はメンテナンスさえちゃんと行っていれば50万kmは走ると思っていいでしょう。

結局はメンテナンス次第…という身も蓋もない結論になってしまいますが、小型・中型で50万km、大型は100万kmは走ると考えて差し支えありません。

■トラックなどの商用車は過酷な使用環境を想定して作られており丈夫
■メンテ次第で小型・中型トラックで50万km、大型で100万kmは走る

走行距離が伸びた商用車の査定は?

トラックなど商用車の市場では売るほうも買うほうも10万kmなんて大した走行距離ではないと考えられており、年式や状態にもよりますが、走行距離10~20万kmくらいなら4t以下の小型トラックでも100万円以上の査定が付くことは珍しくなく、特に冷凍冷蔵車やダンプ、クレーン付きなど特殊な装備を備えているものは高い査定が付きます。

ただし4t以下の小型のもので走行距離が30万kmを超えてくるようだと中古車市場でも敬遠される傾向にあり査定額もぐっと下がることは覚悟しておかなければなりません。

一方、4t以上の中型トラックや10tを超えるような大型のトラックやダンプになると30万kmでも十分に需要があり、車種や形状、装備、状態によってピンキリではあるものの50万kmを超えていても数百万円の査定が付くことも。

排気量が8000~10000ccを超えるようなものはよほど状態が悪くない限り走行距離が50万kmを超えていても査定が付くと思って良いでしょう。

■4t以下の小型トラックでも20万kmまでなら100万円以上の査定も
■中型・大型トラックやダンプは50万kmを超えても数百万の値が付く

メンテナンスが重要な過走行トラックの査定

トラックやダンプといった商用車は耐久性が高く、また車両価格も高いため数十万km走るのはいたって普通のこと。

ただ、そのためには最低限のメンテナンスは必要となり、日頃のメンテナンスは売却時にも大きく影響してくることになります。

走行距離が伸びて当たり前なトラックやダンプでは走行距離とともにエンジンやフレームといった根幹部分の状態が非常に重要で、距離が伸びてもここがしっかりと手入れされている車両は高く買い取ってもらえますし、距離が少なくてもメンテナンスされていない車の査定は低くなってしまいます。

長く乗ること、高く売ることを考え普段からしっかりとしたメンテナンスを心がけるようにして下さい。

トラックやバスの売却を考えている方は

みんカラでお馴染みのカービューはトラックやバス、ダンプといった商用車の一括査定を行っている数少ない会社です。

多くの商用車買取業者と提携しており一括査定を申し込めば3~5社の査定を受けられるので、今お乗りのトラックの査定額を知りたい方、少しでも高く買い取ってほしい方はぜひ活用してください。

カービュー商用車買い取り一括査定