廃車ラボで査定0円の車や廃車をお金に換える

査定0円の車の引き取りはお金がかからない

「長く乗っている車で年式も古いし走行距離も10万kmを軽く超えており、査定も0円だから廃車にして引き取ってもらうにはお金がかかるんだろうな…」

そう感じている方は多いと思いますが、今のご時勢査定で値段の付かない車や廃車の引取りでこちらに費用が発生するなんてナンセンスです。

ネットやヤフオクなどのオークションの普及でパーツごとの売買が普及している上に海外での日本車の需要も相まって、査定では値段が付かない車でも業者にとってはお金を生み出せる商品となっており、買取業者で値段が付かない車や廃車同然の車を引き取ってもらう際も、こちらに費用が発生しないどころかお金が戻ってくる場合もあります。

中には廃車を専門に取り扱う業者も存在し、そんな業者のひとつがここで紹介する「廃車ラボ」です。

廃車ラボでは査定0円の車はもちろん不動車や放置車などの引き取りも行っており、特殊な鍵を無くしてしまったなどの事情がない限りこちら側に費用が発生する事はなく、むしろ自動車税や自動車重量税などの還付も期待できる良心的な会社といえます。

では廃車ラボの具体的な買い取りシステムや引取りの手順を紹介していきます。

廃車ラボは全国対応で最低でも完全無料がモットー

廃車ラボでは廃車の引き取りや手続きに費用は発生しません。

それどころか廃車によって自動車税や自動車重量税、自賠責保険料の還付も期待できますので、車の査定額自体は0円でも各種税金の還付による数万円の戻りが期待できます。

こういった我々車を売却・処分する側にとって非常にありがたい状況を作り出しているのが廃車ラボの多彩な販売網による部品販売や海外への輸出なのです。

その廃車ラボ自体は東京の会社ですので普通に考えれば業者が出向いての引き取りは近県までの対応になりそうなものですが、廃車ラボでは全国の引き取りに対応しており、仮に遠方の県だとしても当然出張料などもかかりません。

それは車本来の「移動手段」として機能しない不動車や放置車も同様で、車検が切れて久しく乗っておらず処分に困っており、エンジンがかからない、バッテリーが上がっているなどの車の引き取りでも完全無料が廃車ラボの基本となっています。

例外として鍵を紛失してしまった場合、多くはレッカー移動などでこちらに費用はかかりませんが、特殊な鍵などによりどうしても鍵の作成が必要になる場合1万円程度の費用が発生する場合があります。

お住まいの地域に関しては遠方だからといって費用がかかる事はないものの、直接持ち込みすれば買取額を優遇してもらえる場合も多いので、自走可能で東京都調布市にある廃車ラボの店舗に近い方は電話やメールでの連絡の上直接持ち込んだ方がお得でしょう。

買取業者や下取りなどによって査定が0円だった場合や廃車をお考えであれば一度廃車ラボに問い合わせてみる事をおすすめします。

■廃車ラボではどんな状態の車であれこちらに費用が発生する事はほぼない

廃車ラボで買取・引き取りする際の手順と必要書類

では具体的に廃車ラボで車を買い取ってもらったり引き取ってもらったりする際にどういった手順を踏み、またどんな書類が必要になるのかを書いていきます。

まずは電話やメールにより引き取りや持ち込みの日程を決め、決めた日時に車を引き渡した後はこちらで何かする必要ななく、あとはすべて廃車ラボの方でやってくれます。

基本的にはよほど月末でもない限り引き渡した月に廃車の登録を完了させ、翌月上旬には完了書類が送られてくるという順序になります。

完了書類は以下のいずれかとなり、車が「引き取り」という形態ではなく「買取」だった場合は「お振込完了書類」も送付されます。

  • ■登録識別情報等通知書のコピー(抹消登録を行うと発行される)
  • ■解体完了の通知
  • ■車検証のコピー(名義変更されている)

自動車税の還付に関しては抹消登録完了後2~3ヶ月後に当該都道府県税事務所から還付の申請書が届くので、その申請書に必要事項を記入し金融機関で還付を受けて下さい。

一方、引き取りや買取の際に廃車ラボに渡す必要書類は以下のようになります。

  • ■自動車検査証 (車検証)
  • ■自賠責保険証 (車検切れの場合は不要)
  • ■印鑑証明書 (3ヶ月以内のもの)
  • ■委任状(自動車登録専用)
  • ■譲渡証明書(自動車登録専用)
  • ■リサイクル券 A・B券
  • ■免許証等の身分証明書コピー
  • ■実印(委任状・譲渡証に押印していただければ不要)

委任状や譲渡証明書に関してはこちら の廃車ラボのページの上部にある「必要書類」をクリックして頂ければPDFファイルをダウンロードできますので、そちらを印刷後記入して下さい。

リサイクル券に関しては自動車リサイクル料を支払っていれば券は必要ありません。平成17年4月以降に車検を受けていればリサイクル料金は支払っているはずなので、多くの場合必ずしも必要になる書類ではありません。

基本的にどこかに出向かなければ取得できない書類は印鑑証明書のみなのでこれら書類を揃えるのは短時間で済みますし、軽自動車に関しては印鑑証明書すら必要ありません。

車を廃車・引き取りしてもらう際の疑問や注意点

最後に、廃車ラボで車を買取・引き取りしてもらう際の気になる点や注意点をいくつか書いておきます。

まずよくあるのが引越しなどによって車検証の住所が現住所と違っている場合ですが、こういった場合は住民票や戸籍の附表が必要になります

これも車検証絡みでよくあるのですが、ローンなどで購入した場合所有者が信販会社やディーラーになっている場合が多く、こういった場合はその会社に問い合わせた上で所有権解除の手続きを行う必要があり、またローンが終わっていない場合は所有権解除を行えないのでまずはローンの完済が必要になります。

他に問題になりそうなのは自動車税やリサイクル料金の未納ですが、自動車税に関しては未納が1年であれば廃車した後4月から廃車にした月までの期間月割りで請求が来ますので、それを払ってしまえば問題ありません。

しかし未納が2年以上になると抹消手続き自体を行えなくなりますので、自動車税は必ず支払うようにして下さい。

リサイクル料金も同様で、平成17年4月以前から動かしていない不動車で車検も取っていなかった場合リサイクル料金を支払っていない場合があり、そうなると廃車する事が出来なくなりますので別途リサイクル料金が必要になってしまいます。

基本的に普通に乗っていた車でローンが残っていない車であれば買取や引き取りできない状況にはならないので気にする必要はありませんが、もし何か気になる点があっても廃車ラボに問い合わせれば丁寧に説明してくれますので、廃車の買取や引き取りをお考えの場合は一度は廃車ラボに問い合わせてみて下さい。

廃車ラボの公式サイトへ

その他おすすめ買取業者


廃車買取のカーネクスト
■カーネクストの特徴
廃車の引き取りや買取専門に行う業者で、ほとんどの離島を含む全国で出張査定を行ってくれます。廃車を0円以上で買い取り保証しており費用は一切かかりません。
カーネクストの詳細ページへ 廃車買取カーネクストの公式サイトへ
カーセンサーの一括査定
登録買取業者数
500社以上
最大査定業者
30社
■カーセンサーの特徴
非常に有名な中古車情報誌カーセンサーの一括査定で、中古車市場へのパイプの太さから登録買取業者数は業界最多となっており、選定される業者も多いのが特徴。
カーセンサーの詳細ページへ カーセンサー.net簡単ネット査定へ

あわせて読みたい関連記事