輸入車査定で高いのは右ハンドル?左ハンドル?

多くの輸入車・外車は右ハンドルと左ハンドルを用意

輸入車の査定に有利なハンドルは? 日本で輸入車・外車を買う際に悩まされるのが左ハンドルか右ハンドルかという点だと思います。

昔は左ハンドルこそ外車の証でありステータスという見方があった事もありますし、そもそも左ハンドルの設定しかない場合も多くありました。

しかし近年の輸入車・外車は右ハンドルと左ハンドルの両方がラインナップされる事も増え、「どちらに乗ろう…」と迷ってしまう方も多いと思います。

右ハンドル、左ハンドルどちらを選ぶかは個人の好みやこだわりによって変わってくると思いますが、「査定」「リセールバリュー」という面で見るとどちらが良いのでしょうか?

昔の輸入車・外車は圧倒的に左ハンドルが好まれた

かつての日本では左ハンドルこそ外車の象徴でありステータスであった時代があり、右ハンドルの輸入車・外車の査定額は安くなってしまったものです。

わざわざ日本車より高い輸入車に乗るのだから、そのステータス性を最大限に享受するためにも左ハンドルは必須であり、またその考えから中古車市場でも左ハンドルが好まれ右ハンドルより左ハンドルの方が価格も査定額も圧倒的に高くなっていました。

今でもそういった時代を生きてきた層には「外車は左ハンドルでなければ」という考えが残っており、また日本での左ハンドルのメリットを声高に訴える動きが一部であるのも事実。

しかし現在は輸入車のハンドル位置に関する情勢は大きく変わっています。

そもそもハンドル位置というのは各国とも右側通行か左側通行かによって決まっており、アメリカを始め多くの諸外国は右側通行のため左ハンドル、日本やイギリス、オーストラリアなど2015年現在55の国では左側通行となっており、こちらは右ハンドルとなっています。

つまり右通行なら左ハンドル、左通行なら右ハンドルというのは安全性や利便性を考えた上で最良と世界的に判断された事実であり、こういった事もあってかつては「外車=左ハンドル」だったものが現在は当たり前のように右ハンドルが多くなっており、輸入車の右ハンドルは8割を超えています。

なぜ輸入車は急速に右ハンドルが増えたのか?

「右ハンドルと左ハンドルのどちらが査定に有利か?」という点からは少し外れますが、日本で急激に右ハンドルが増えた原因というのは輸入車の査定を考える上で欠かせない要素でもあるので少しお付き合いください。

先ほど右側通行は左ハンドル、左側通行は右ハンドルが世界的に当たり前と書きましたが、それは長年の安全性や利便性の高さに裏打ちされたもの。

日本においては右ハンドルですら大きい交差点の右折待ちでは対向の右折待ち車のせいで直進の対向車の有無を確認するのが辛い場面もあるのに、左ハンドルになればなおさら見づらくなるのは必然です

これは車の追い越しや路上駐車している車を追い越す際も同様で、対向車の動きが見づらいというのは安全上不利なのは言うまでもありません。

塀などが高く見通しの悪い住宅街や交差点などでは左ハンドルでは左の塀に近すぎて視野が極端に狭くなってしまいます。

左ハンドルは運転席が歩道側だから路上駐車などの際乗り降りしやすかったり、左折時の巻き込み確認をしやすいといったメリットもありますが、総合的に見て危険なのは間違いなく国によっては反対のハンドルを法的に禁止している国さえあります。

かつてはステータス性や左ハンドルしかなかった事から左ハンドルが多かったものの、現在は正規ディーラーであれば右ハンドルを揃えているのは当然になっています。

かつては憧れだった左ハンドルも現在は「日本で左ハンドルって…」と、安全性より古い価値観を優先させている印象を持たれ失笑される場合すらあり、左ハンドルは急速に廃れていっています。

これはつまり「左ハンドルは人気が無い」という事実であり、希少性や趣味性が高く「どうしても左ハンドルで」という人が多い車でない限り左ハンドルの査定は右ハンドルより劣るのが現状です

■左ハンドルは安全性で大きく不利なのは疑いようがない
■現在は大半が右ハンドル主流で左ハンドルを選ぶメリットは少ない

左ハンドルは査定においても絶対に不利なのか?

このサブタイトルの結論から書くと「そんな事はない」になります。

左ハンドルが安全性において右ハンドルに劣るのは否定しようのない事実であるものの、それ以外の部分で左ハンドルにしかないメリットも存在するからです。

そのほとんどが「元々左ハンドルとして造られた」という事実に起因するもの。

左ハンドルで設計された車を右ハンドルにする訳ですから、様々なパーツの取り回しが変化しダイレクト感やリニア感が無くなってしまったり、フィーリングが変化するといった事が起こりえます。

近年はメーカーもグローバルな戦略により左右のハンドルを想定して造られる事も多くそういった事は少なくなったものの、MT車(マニュアル車)のペダルレイアウトなどは物理的に左ハンドルのほうが優れる場面も多くなります。

というのも、MT車はAT車と違い3ペダル必要なのでどうしても1つ1つのペダル間に余裕が無くなりがちで、それに加えタイヤがある位置(ホイールハウス)の関係上右ハンドルでは右側が狭くなりどうしてもアクセルを左に寄せる必要が出てきますので、他のブレーキペダルやクラッチペダルも必然的に左に寄ってしまいます

これが左ハンドルなら左のホイールハウス上に足を置くフットレストを設置でき、右足を多用する車の運転において非常に無理なくペダルを配置できるのです。

この問題、比較的大きな車であれば幅にも余裕がありそれほど問題にならない事も多いですが、コンパクトな車であれば幅も狭くタイヤハウスも近いため右ハンドルでは足元が窮屈になりがち。

そしてもうひとつ、輸入車のウインカーは左であるためMT車で右ハンドルだと左手でシフトノブとウインカーの操作をしなければならず若干忙しくなる事もあり、そういった面でも右手でシフトノブ、左手でウインカーを出せる左ハンドルは優れています。

実際私の家族がアバルト500のMT右ハンドルに乗っておりたまに私も運転するのですが、確かにペダル間が狭く慣れないとブレーキを踏みながら若干アクセルにも足がかかっていた…なんて事になりますし、左シフトノブに左ウインカーも違和感を感じます。

ただ、結局は慣れの問題で1時間も運転すれば何の問題も無くなります。

しかしこういった「左ハンドル車本来が持っている自然さ」にこだわる方も多く、特に趣味性の高いMT車などでは左ハンドルにも根強い人気があります。

今ではポルシェなども右ハンドルが増えたとはいえフェラーリやランボルギーニといった高級スポーツカーは左ハンドルの方が高い値が付きますし、そもそも左ハンドルしかない場合すらあります。

こういった車は査定においても左ハンドルのほうが高値が付く場合が多く、輸入車の多くが右ハンドルになったとはいえ必ずしも左ハンドルのほうが査定が低くなるかといえばそんな事はありません。

■左ハンドルはペダルレイアウトなどで特にMT車で優れる
■趣味性の高いスポーツ系の車は左ハンドルの方が高値の場合も

結論:左ハンドルと右ハンドル、どちらが良いのか?

本題の「輸入車の査定において左ハンドルと右ハンドルどちらが高いか?」では、2015年現在多くの場合右ハンドルの方が査定額は高くなる傾向にあります。

それは現在では輸入車といえど右ハンドルの需要の方が圧倒的に多い事に起因しており、左ハンドルのステータス性がどんどん薄れゆく現状を見れば今後左ハンドルはさらに不遇の扱いを受ける可能性もあります。

一方で希少性や趣味性の高い高級スポーツカーやMT車では左ハンドル自体が希少となり、需要が供給を上回ることによって左ハンドルの査定額のほうが高まる事は十分に考えられます。

結論としてはベンツやBMWといった高級セダンやエントリーモデルなど多くの車種では右ハンドルの方が査定は高く、一部のスポーツカーやMT車では左ハンドルの方が高いという結論になるでしょう。

多くの輸入車の場合、よほどの強いこだわりがない限り左ハンドルに大きなメリットは無くデメリットばかりが目立つ状況ですが、そもそも輸入車のリセールバリューは低い事から、これから輸入車の購入を考えているのであれば素直に自分が乗りたい車を自分の運転したいハンドル位置で購入するのが一番だと思います。

車の売却をお考えの方は

今乗っている車を手放そう、新しい車に買い換えようと考えている方は一度「かんたん車査定ガイド」での一括査定を検討してみて下さい。

かんたん車査定ガイドでの一括査定はガリバーやアップル、カーチスなど多くの有名買取業者が参加しており、その中から最大10社の査定を受けられ、私自身2度ほど査定をお願いしましたが、査定会社によってホンダフィットで約11万円、トヨタノアで約35万円の差が生まれました。

また一括査定では珍しく査定申し込みの時点で画面に売りたい車の概算価格も分かるという特徴があるため、その場である程度の査定額が想像できるというのも大きなメリットです。

かんたん車査定ガイドで一括査定

おすすめの車買取業者


外車王
■外車王の特徴
外車・輸入車を専門に扱う中古車販売店で輸入車のスペシャリスト。直接販売だからこそ出来る高額買取が特徴で一般的な買取業者より高く買い取ってくれます。全国どこでも対応。
外車王の詳細ページへ 外車王の公式サイトへ
カーセンサーの一括査定
登録買取業者数
500社以上
最大査定業者
30社
■カーセンサーの特徴
非常に有名な中古車情報誌カーセンサーの一括査定で、中古車市場へのパイプの太さから登録買取業者数は業界最多となっており、選定される業者も多いのが特徴。
カーセンサーの詳細ページへ カーセンサー.net簡単ネット一括査定へ

あわせて読みたい関連記事