車が一番高く売れる時期はいつ?

車を高く買い取ってくれる時期は?

車を手放す理由というのは様々。別の車が欲しくなった、型落ちになった、家族構成が変わった、車検間近など枚挙にいとまがありません。それだけに売却時期というのはケースバイケースですよね。

しかし一方で車を高く売れる時期というのはある程度決まっています。

車の売却をうまくその時期に合わせることができれば相場より高く買い取ってもらえる可能性が高まる一方、そこから外れると相場より安くなってしまうケースも。場合によっては買取査定が10万円以上変わってくることもあるのです。

車を高く買い取ってもらえる時期はいつなのか?逆に買い叩かれる時期は?気になる時期による買取査定の増減について解説していきます。

車を高く売れる時期とその理由

まず結論から書くと、車を最も高く売ることができる時期は1~2月です。

一般的に車が最も売れる時期というのは新年度に向けた動きが活発化する3月。しかも3月というのは多くの企業が決算を行う時期ということもあり、数をさばくために値引き幅が大きくなるのもその一因です。

このように「車が売れるのは3月」という情報は広く知れ渡っているため、車の買取や下取りにおいても3月が最も高く売れると思っている人も多いと思います。しかしそれは勘違いなのです。

確かに中古車は3月に多く売れます。しかし私たちが買取業者に売却した車が店頭に並ぶまでには一定の期間が必要。

買取業者は私たちから買い取った車をオートオークションに出品し、中古車販売業者がそれを落札してはじめて店頭に並びます。中古車販売業者が仕入れた後に不具合の整備や傷の板金・塗装をするケースも多々あります。

そういったことを含めると売却から店頭に並ぶまで1ヶ月程度のタイムラグを想定しておく必要があるため、車が最も売れる3月に向けて業者が活発に仕入れを行うのは1~2月。

この時期は車を確保しようとする中高車販売業者が多くなることから他の月に比べ車が不足しがちに。供給に対し需要が上回るため買取業者も買取価格を引き上げて在庫の確保に乗り出すのです。

7~9月も狙い目?

月別の中古車販売台数を見てみると、突出した3月以外にも7月や9~10月にも多く売れていることが見て取れます。加えて9月は3月同様企業の決算時期にあたるため、販売業者としてはより多く車を売りたい時期でもあります。

そのためそれを見越した8月というのは買取査定額が上がりやすい時期。1~2月ほどではないにしろ、年間を通してみれば比較的狙い目の月ということになります。

中古車月別販売台数

とはいえ3月の販売台数に比べれば誤差の範囲内。1~2月以外であれば買取額にそれほど差がないと思って間違いないでしょう。

車の買取査定が下がる時期

買取査定額が高くなる傾向にある月が存在する反面、安く買い叩かれやすい時期というのも存在します。それは中古車販売数が落ち込む時期の1~2ヶ月前。

1年間の中で中古車の販売台数が落ち込むのは1月と8月。そのため11~12月や6~7月というのは在庫がだぶつく時期でもあり、業者は買取や仕入れを抑える傾向に。

また、3月の商機が落ち着いた4月というのもまた査定額が下がる傾向にあります。なぜなら3月を見越して仕入れた車がだぶつきやすい時期だから。

車の買い替えや売却というのは突然訪れることも多いため狙った時期に売ったり特定の時期を避けたりするのは難しいこともあります。

しかし、車を売る時期が明確に決まっていない状態であれば、こういった時期を避けることで高価買取が期待できる可能性が高まるでしょう。

高くなる時期を待ちすぎるのも問題

車の売却時期を延ばすのも問題

車を最も高く売れるのは1~2月。これは紛れもない事実です。だからといって何ヶ月も先の1~2月を無理して待つというのもまた考えもの。

その理由はいくつかあります。

  • 待っている間に走行距離が伸びる
  • 車検や自賠責保険の残り期間が短くなる
  • 年式が古くなる

もっとも分かりやすいのは高く売れる1~2月を待っている間に走行距離が伸びてしまうという点。仮に半年待つとすると5,000kmくらい走行距離が伸びてしまう可能性は十分ありますよね。

加えて車の使用経過月数も延びてしまいます。日本自動車査定協会(JAAI)の指針では新車登録から4年までは使用経過月数が3ヶ月増えるごとに査定額が減額されることになっています。

売却時期を仮に6ヶ月延ばすとすれば、伸びた走行距離と使用経過月数により3~5万円くらいの査定ダウンを覚悟しておく必要があるでしょう。

また、残期間によってプラス査定になりうる車検や自賠責保険の期間が短くなるというデメリットもありますし、年をまたいだ1~2月に売るということは愛車の年式が1年古くなることを意味しています。

車種や年式によっては1~2月まで待つことで10万円くらいの査定アップが望めるかもしれませんが、こればかりは実際に査定してみないと分からないこと。一方でそこまで待つことで車の価値が5万円くらい下がるのは確実です。

このあたりをどう捉えるか…1~2月が遠いようであれば私ならすぐに売ってしまうでしょう。

1~2月は車が最も高く売れる時期とはいえ、そこまでに長い期間待つ必要があるのであれば、思い立った時に売ってしまった方が結果プラスになる可能性も十分にあることを覚えておいてください。

時期による買取査定の増減まとめ

1年間の間で車が最も売れる時期は3月であるため、業者はそこに向けて多くの車を確保しようとします。そのためその時期にあたる1~2月は車を高く売れると思って間違いないでしょう。

一方で車が売れない時期が近い場合は査定額が伸びない場合も。可能であれば在庫がだぶつきがちとなる4月や11~12月の売却は避けたほうが無難。

とはいえ、必ずしも車を売る時期を選べるとは限りませんよね。また高く売れる時期まで待っている間に愛車の価値自体が落ちていってしまうという問題もあります。

ある程度自由に売却時期を決められる状況であったり、1~2月までそれほど間がなかったりといった状況であればまだしも、数ヶ月待たなければならないようであればすぐに売ってしまった方が結果的に得するケースが多くなります。

1~2月に売るのが理想ではあるものの、長い間待つほどのものではない。それが結論になるでしょうか。

車の売却をお考えの方は

今乗っている車を手放そう、新しい車に買い換えようと考えている方は一度「かんたん車査定ガイド」での一括査定を検討してみて下さい。

かんたん車査定ガイドでの一括査定はガリバーやアップル、カーチスなど多くの有名買取業者が参加しており、その中から最大10社の査定を受けられ、私自身2度ほど査定をお願いしましたが、査定会社によってホンダフィットで約11万円、トヨタノアで約35万円の差が生まれました。

また一括査定では珍しく査定申し込みの時点で画面に売りたい車の概算価格も分かるという特徴があるため、その場である程度の査定額が想像できるというのも大きなメリットです。

かんたん車査定ガイドで一括査定

おすすめの車買取業者

あわせて読みたい関連記事