車の下取りと買取、どっちがお得か?

買取と下取りどっちがお得

自動車を手放す際に多くの人が利用するであろう方法は大きく分けて2つ。車買取業者による「買取」と自動車ディーラーや中古車販売業者による「下取り」ではないでしょうか。

この2つ、どちらも私たちが不要になった車を買い取ってくれるという点で共通していますが、査定額には大きな差が出ることも。

一般的には買取のほうが高い査定が付くとされているものの、これもケースバイケース。状況によっては下取りのほうが良い場合もあるのです。

買取と下取りのどっちらがお得なのか?一般的に買取の方が高い査定が付く理由など詳しく解説していきます。

    目次
  1. 買取のメリットデメリット
    1. 買取りのメリット
    2. 買取りのデメリット
  2. 下取りのメリットデメリット
    1. 下取りのメリット
    2. 下取りのデメリット
  3. なぜ下取りの査定は安いのか?
  4. 買取業者の買取査定が高い理由
  5. 買取と下取りどっちがいい?
    1. 下取りを利用したほうがいい人
    2. 買取を利用したほうがいい人
  6. 買取と下取りのまとめ

買取のメリットデメリット

買取のメリットデメリット

これまで車を購入した経験が少ない場合や、買い替えの際必ず下取りに出していた人の場合「買取」と聞いてもピンとこない人もいるかもしれません。

買取とは車買取専門業者に車を売却することを指します。街中に存在するガリバーやアップル、ビッグモーターなどがそれにあたり、誰しもが無意識のうちに目にしているのではないでしょうか。

そんな車買取業者による「買取」のメリットデメリットを見てみましょう。

買取りのメリット

車買取業者に車を売却するメリットたった1つ。買取査定額が高いということ。これ以上ないというくらいシンプルかつ魅力的なメリットですよね。

というのも、車を手放す理由というのは以下の2つに大別されます。

  • 車を買い替える人
  • 生活環境が変わった人

車を買い替えるのであれば当然ながら大きな買い物をしたことになります。であれば今現在乗っている車を少しでも高く売り新たな車の購入資金に充てたいところです。

生活環境が変わった人も同様。生活環境の変化は様々な状況が考えられますが、そういった変化には不安が付きもの。やはり少しでもお金が欲しい状況と言えるのではないでしょうか。

車売却の理由の多くはお金が必要な状況に置かれていることが多く、それだけに買取の高価査定は最大の強みになります。

買取りのデメリット

次に、買取のデメリットについても触れておきます。車買取業者に売却する際に出てくる可能性がある不満点は主に以下の2つ。

  • 下取りに比べ面倒
  • 車の買い替えの場合納車まで足がなくなる恐れ

新たな車を購入するディーラーや中古車販売業者に下取りしてもらう場合、車を見に行けば同時に今乗っている車の査定もしてもらえます。つまり車の売却に際し自分から能動的に動く必要がないのです。

しかし買取業者に買い取ってもらう場合は、自ら車を店舗に持ち込んだり、電話をかけて出張査定を依頼したりする必要が。時間も取られるし交渉しなければならないし、色々と面倒ですよね。

また、買い替えの場合は買取に出すタイミングを考えないと新たな車の納車まで生活の足がなくなってしまう事態にも。なぜなら買取業者は原則として契約が締結した時点で車を引き取るから。

下取りの場合は納車と同時に今乗っている車を引き渡すのが一般的ですよね。しかし買取の場合はそこまで待ってはくれないのです。

このあたりは新車購入の際に「納車まで台車を用意する」などの条件を付ければどうにかなるケースもありますが、ディーラーは少ない代車しか用意していないため難しい場合も。

車を通勤や仕事で使用している場合は死活問題になりかねないことから、買い替えの際の売却に買取を用いる場合は納車までの足をどうするか考えておく必要があるでしょう。

ただし、近年は大手買取業者を中心に納車まで代車を用意してくれるサービスが浸透してきています。また査定も積極的に出張してくれるなど買取のデメリットは薄れつつあります。

下取りのメリットデメリット

下取りのメリットデメリット

買取に続いて下取りのメリットデメリットを解説します。

一般的に車を買い替える場合は販売店で査定をしてもらい、新しい車の納車に合わせて引き取ってもらうケースが多いと思います。しかし実は下取りには相応のデメリットもあるんですよね。

下取りのメリット

ディーラーや中古車販売業者で車を購入する際に下取りしてもらうメリットは3つ。

  • 余計な手間がかからない
  • 車が無いという“空白期間”がない
  • 価値がない車でも値が付く

前述した買取のデメリットがそのまま下取りのメリットに当てはまると思っていただければ分かりやすいかと。

自動車ディーラーなどに車を購入しに行けばスタッフが今乗っている車の査定を行ってくれるため、「こっちで車を買って、こっちで車を売って…」という買取のような2度手間は必要ありません。

これは現在の車の引き取りにも共通します。

現在は多くの買取業者が納車まで代車を用意してくれるようになったため、車が無い空白の期間に対する懸念は払しょくされつつありますが、だからといって下取りのように「車を交換して終わり」とはなりません。

ディーラーで車を受け取るのであれば、2人で行かない限り買取業者の代車を乗っていくわけにはいかず、納車した後に代車を返しに行く必要も。そこへいくと下取りは本当に楽なんです。

また、昔に比べ値下げの額が渋くなっている現在、下取り車の査定に色を付けることで事実上の値下げとするケースが多くなっています。

下取り査定がアップしたからといって買取査定より高くなることは少ないものの、査定が付かない車…つまり年式が古かったり走行距離が伸びていたりして査定0円の車の場合は状況が異なります。

買取業者であれば0円査定の車はどこまで行っても0円ですが、下取りの場合は実質の値下げを目的として3~10万円くらいの査定にしてもらえることがあるのです。

買取業者が代車を用意するようになった現在において、下取りの明確なメリットは査定が付かない車にも色を付けてもらえるという点に集約されるといっても過言ではないでしょう。

ただし、それはディーラーで新車を購入する場合の話であり、中古車販売業者であればそういったことはあまり期待できないと思っておいてください。

下取りのデメリット

一方下取りのデメリットはというと…ここまで読んできた人であればもうお分かりですよね。そう、査定額が低いという点に尽きます。

ディーラーでの下取りの場合、査定が付かない車に関しては事実上の値下げを行うために数万円の査定を付けることもありますが、ある程度の値が付くものに関しては下取り査定が買取査定を上回ることはほとんどありません。

その差が数十万円になることも珍しくないのです。

ゆえに現在の愛車を少しでも高く売りたい場合は、買取査定を行ってどの程度の査定が付くのか確認しておくべきといえます。

なぜ下取りの査定は安いのか?

下取り査定が安い理由

そもそもなぜ買取業者の査定に比べ下取り査定は安いのか気になりますよね。

車というのはかなり厳格な相場が形成されており、安い車にはそれなりの理由が、高い車には高いだけの理由が必ず存在します。「車にお買い得は存在しない」と言われるのは強固な相場が存在するから。

そして買取業者にしろディーラーの下取りにしろ、買い取った車の多くは中古車オークションに出品され、相場に則った価格で落札されていきます。

つまり、買取にしろ下取りにしろその後の流れは一緒であり、下取り額が低い分だけ販売時も安く売られるなんてことは絶対にないのです。

ハッキリ言ってしまうと安く下取りした分だけディーラーが利益を上げているということ。なぜそんなことがまかり通るのか?

客の面倒を排除する

ディーラーや中古車販売業者に車を見に行けば、次なる車の物色のついでにスタッフが愛車の査定を行ってくれます。

車の購入が決まった後も納車まで現在の車を乗り続けることができ、かつ納車時は車を入れ替えるだけ…ハッキリ言ってこんなに楽なことはありません。

近年は買取業者が納車までの代車を用意してくれることも多くなりましたが、下取りに比べればなんだかんだと手間がかかるというのが実情。下取りの楽さは面倒くさがりにとって非常に魅力的なのです。

「買取業者に持っていったところで査定額が高くなるとは限らない」と考えれば、「下取りでいいや」となるのは想像に難くないですよね。実際はよほど程度が悪くない限り買取の方が高くなるんですけどね。

下取りはそういった客の面倒を排除するという大きなアドバンテージを背景に、安く買い叩いているというのが実情なのです。

下取りが多いことにあぐらをかいている

買取業者に比べて査定額が低いにもかかわらず大半の人が下取りによって車を売却する状況が、ディーラーや中古車販売業者の増長を許していると言っても過言ではありません。

このデータを見てください。

車買い替え時は下取りが多い
出典:かんたん車査定ガイド


車買い替えの際に下取りしてもらった人の割合は52%と約半数ですが、廃車や親しい人への譲渡を除き買取と下取りのみに絞った場合は63%中52%。つまり約83%の人が下取りをしてもらっていることに。

また、下取りをしてもらった人のうち80%はディーラーという答えに。つまり大半の人はディーラーで下取りをしてもらっているのです。そしてこの傾向は年齢が上がれば上がるほど顕著になっています。

ディーラーとしてみれば車を買いにきた人のほとんどが下取りを使用してくれるわけです。買取より下取りの方が査定額が低いにもかかわらず。もはや鴨が葱を背負って来る状態といえます。

大半の人が下取りを選択する状況下において査定額を引き上げる必要性はどこにもありません。ディーラーは営利目的の企業なのですから、より安く買い叩いて利益を増やした方が良いに決まっています。

この状況を変えるには下取りを選択する人が減りディーラーに危機感を覚えさせなければならないのですが…それはまた別の話ですね。

このように下取りの安さには購入者の手間を省けるメリットと、それを背景にした圧倒的なシェアが理由なのです。

そりゃ買い叩かれるよ…

買取業者の買取査定が高い理由

車買取査定が高い理由

ディーラーなどの下取り査定額が低い理由を見れば、買取業者による査定が高くなる理由も見えてくるのではないでしょうか。

前述のように買取にしろ下取りにしろ中古車オークションで落札される額は一緒です。なぜなら、中古車の相場に反した額で取引されることはまず考えられえないから。

にもかかわらず同じ車であっても査定額は買取の方が高い。それは場合によっては数十万円にのぼることも。その理由は大きく分けて2つあります。

買取業者は車を買ってなんぼ

自動車ディーラーの場合、主な収入源は新車販売と車検や点検などのメンテナンスにあります。つまり下取りや中古車販売はおまけのようなものなのです。

一方の車買取業者は買取した車を中古車オークションで売却してなんぼの業種。中高車販売を行っている買取業者もありますが、どちらにせよ車を買い取らなければ商売が成り立たないのです。

新車販売やメンテナンスの片手間に行う下取りを多くの購入者が利用してくれる状況にあるディーラーと、車を買い取らなければ商売が成り立たない買取業者。そりゃ真剣さは雲泥の差ですよね。

ディーラーを上回る魅力の提供

車を買い替える人の大半は現在乗っている車をディーラーや中古車販売業者で下取りに出します。そうすることで余計な手間や面倒から解放されますからね。

そんな状況にあって買取業者に持ち込んでもらうにはどうすればいいのか?答えは簡単、手間や面倒といったマイナス要素を払拭するだけの査定額を提示することに他ならないのです。

わざわざ買取業者に接触し査定の手間を差し引いてもメリットが残るだけの魅力を演出するには、可能な限り高い査定額の提示に勝るものはありません。

考えようによっては、多くの人が下取りを利用するからこそ買取を利用する人に大きな旨味があるという見方も。

買取と下取りどっちがいい?

下取りと買取どっちがいい?

ここまで見てきたなかで買取と下取りの違いはご理解いただけたと思います。では結論として買取に向く人、下取りに向く人はどういったケースが考えられるのか?ぶっちゃけどっちを使用したほうがいいのか?

下取りを利用したほうがいい人

車買取業者による買取よりディーラーや中古車販売業者による下取りを利用したほうがいい人は下記のようになります。

  • 車の査定額が0円、もしくは極めて低額
  • 忙しいため面倒ごとはまっぴら
  • ディーラーとの付き合いを重視

買取業者でも下取りでも査定が0円になるような車の場合、下取りに出すことで値下げ代わりの査定アップを引き出すことができます。とはいっても数万円程度ですが。

また、とにかく面倒なのが嫌いという人やディーラーとの付き合いを考える人は下取りにしたほうがいい。年齢が上がれば上がるほど下取りに出す人が増えるというのはこのあたりが影響しているのでしょう。

下取りに向く人というのは、査定額が多少安くなっても楽な方がいいという考えの人ということになるでしょうか。

買取を利用したほうがいい人

一方、車買取業者による買取を利用したほうがいい人は単純明快。多少手間をかけてもお金が欲しい人。ちなみに私も絶対にこっち派です。

ちょっと手間をかけるだけで買取額が数万円~数十万円も増えるというのであれば、多少の手間も致し方ないと考えられる人は買取を利用するべきです。

そもそも“手間”といっても、昔に比べればはるかに楽になっています。

昔は自分で買取業者に持ち込む必要がありましたが、現在は出張査定が一般化。複数の業者の査定額を比べる際も、一括査定が当たり前になった現在、かつてのように一軒一軒業者を回るなんてことをする必要もなくなりました。

加えて最大のデメリットであった「納車まで足が無くなる」という点も代車サービスの登場により払拭。下取りに比べれば手間があるのは確かですが、ネガティブな部分はかなり減ったといえます。

多少手間がかかってもいいから少しでも高く売りたいという人は一括査定などを利用するといいでしょう。

買取と下取りのまとめ

一般的にディーラーや中古車販売業者で車を購入すると、そこで現在の車の査定が行われ購入額から査定額が差し引かれます。ゆえに購入と売却は1セットのような印象を受けてしまう人も多いはず。

しかしちょっと待ってください。買取業者に査定してもらえば査定額は数十万円高くなることもあるのです。ちょっとの手間を惜しんでそれをみすみす逃すのはあまりにももったいないと感じます。

査定する暇すらない、ディーラーとの付き合いを重視したいというのであれば下取りにしても構いませんが、そうでない場合は一度複数の買取業者による一括査定を受けてみるべき。

ディーラーには下取り査定をしてもらったうえで「買取業者にも査定してもらうから下取りするかどうかは保留にしてください」と言っておけばいいのです。

買取査定を受け、査定額がほとんど変わらないのであれば改めて下取りをお願いすればいですし、大きく変わるようなら買取してもらったうえ出代車サービスを受ければいい。

買取業者に比べ安い査定額を出すことが多いディーラーの言い値でこれまで乗ってきた愛車を手放すのはあまりにも惜しい。

ディーラーに下取り査定してもらった後でも前でもいいので、今乗っている車を手放す予定がある人は下取り価格が適正かどうかを知るためにも一度一括査定を受けてほしいと感じます。

車の売却をお考えの方は

今乗っている車を手放そう、新しい車に買い換えようと考えている方は一度「かんたん車査定ガイド」での一括査定を検討してみて下さい。

かんたん車査定ガイドでの一括査定はガリバーやアップル、カーチスなど多くの有名買取業者が参加しており、その中から最大10社の査定を受けられ、私自身2度ほど査定をお願いしましたが、査定会社によってホンダフィットで約11万円、トヨタノアで約35万円の差が生まれました。

また一括査定では珍しく査定申し込みの時点で画面に売りたい車の概算価格も分かるという特徴があるため、その場である程度の査定額が想像できるというのも大きなメリットです。

かんたん車査定ガイドで一括査定

おすすめの車買取業者

あわせて読みたい関連記事