買取査定前に洗車をしたほうがいいのか?

買取査定前に洗車するべき?

愛車を買取してもらう場合に私たちが望むことはひとつ。少しでも高く買い取ってもらいたいということですよね。となると、車を少しでも綺麗に見せるために洗車をしたほうがいい気がしませんか?

実はこの売却・買取査定前の洗車に関しては以前から意見が割れているところ。専門家の間でも「洗車したほうが良い」「しなくても変わらない」といった声があり、結論には至っていないというのが実情なのです。

とはいえ、ササっと洗車をするくらいなら手間もそれほどかかりませんし、自分でやれば無料で済む…であればやっておいたほうが良いと考えるのが自然かもしれません。

しかし、場合によっては洗車でマイナスになってしまうケースもあるなんて意見も。買取と洗車の真実に迫っていきましょう。

    目次
  1. 洗車が査定に大きな影響を与えることない
  2. 洗車によってプラスになる要素は少ない?
  3. 買取前の洗車がマイナスになる可能性
  4. 買取査定前の洗車を勧めるのは業者の都合?
  5. 車内清掃はやっておくべき
  6. 買取査定前洗車のまとめ

洗車が査定に大きな影響を与えることない

まず最初にはっきりさせておかなければならない点として、査定前の洗車が買取額に大きな影響を及ぼすことはないということ。

車の査定において大きな影響を与えるのは以下のもの。

  • 修復歴の有無
  • 走行距離
  • 年式
  • エンジンやトランスミッションなど機関の好不調
  • 大きな傷や凹み

車の価値を決めるのは年式や走行距離、修復歴の有無といった要素が非常に大きく、洗車によって外装をピカピカにしたところで査定の大きな影響を与えることは考えられないのです。

例えば「査定前に洗車をするかしないかで10万円変わることがあるか?」と問われれば、答えはNO。なぜなら査定にとって重要なのはそこではないから。

じゃあ洗車をしなくてもいいのか?…といえば、必ずしもそうではありません。このあたりをもう少し詳しく説明していきましょう。

洗車によってプラスになる要素は少ない?

査定前に洗車してもプラスにならない?

では具体的に買取査定前に洗車によってプラスになりそうな要素を考えてみます。

洗車によって明らかになるもの…それは塗装の状態が真っ先に挙げられます。買い取った車を中古車として販売する業者がボディーを磨く必要もないほどピカピカであれば査定もプラスになりそうですよね。

また、細かい傷や凹みが存在しないアピールをできる点にも意味があります。

大きな傷や凹みであれば洗車するまでもなくはっきりと目に付きますが、飛び石などによる細かい傷や凹みは洗車をしないと見えない可能性があります。

ボディーが汚れていてそういったものを確認できない場合は、多少の傷や凹みを見越した査定額になる可能性もゼロではありません。

ただし、常識的な汚れの範囲であれば細かい傷や凹みでも見抜いてしまうのがプロの査定士。また、塗装のピカピカをアピールしたいといっても、ピカピカの塗装というのは多少の汚れが付いた状態でも十分見分けがつくんですよね。

現実的な話をすれば、査定前に洗車を行ったからといって査定額がプラスになることはほとんどないと言わざるを得ないのです。

買取前の洗車がマイナスになる可能性

洗車によってマイナス査定?

洗車によって塗装の状態を露わにするこということは、裏を返せば傷や凹みが目立ちやすくなってしまうことを意味します。

傷や凹みがなくピカピカのボディーであれば買取査定前に洗車を行うことでひとつのアピールになるかもしれませんが、傷や凹みがそれなりにある場合はむしろマイナス査定になる可能性もあります。

せっかく洗ったのにマイナス評価…なかなか厳しいものがありますね。

ただし、これはプロの査定士は否定しています。洗車を行って傷や凹みがあらわになったからといってマイナスに働くことはないと。なぜなら、前述したように常識的な汚れの範囲であれば傷や凹みを見抜くことができるからに他なりません。

とはいえ査定士も人間。買取業者やディーラーには査定のマニュアルが存在するものの、人によって査定の仕方や精度が微妙に異なるのは間違いないでしょう。

であれば、洗車によって目立つようになった傷や凹みをマイナスに捉える可能性も否定できませんよね。

洗車してもしなくても査定には影響しないというのが一般的な見方ではあるものの、査定に個人差がある以上プラスにもマイナスにもなる可能性があると見るのが自然ではないでしょうか。

買取査定前の洗車を勧めるのは業者の都合?

査定前の洗車推奨は業者の都合

車買取業者に属する査定士の多くは査定前の洗車を推奨しています。その理由は「ピカピカのボディーはプラス査定になりうる」「査定士も人間だから洗車をした方が心象が良くなる」といったもの。

しかし、よくよく考えてみると真実が見えてきます。洗車された状態というのは査定する側にとって最も好ましい状況なのだと。

「洗車してもらった方が正確な査定を出しやすい」なんて声もあるように、査定のプロも結局は買取査定前に洗車をしてもらったほうが良いのです。パッと見てすぐに外装の状態を把握できますからね。

もしこれが雪道や泥道を走ったまま洗っていない車だったらどうでしょう?あまりに汚れていると外装の査定は困難になるため、査定をする前に査定士自ら洗車を行う必要があります。

そう、業者としてはオーナーに洗ってもらった方が手間が省け査定も楽になるため、「洗車したほうがプラスになる」という風潮を作り出しているとも考えられるのです。

ただ、査定士の本音として洗車してもらった方が都合がいいということは、つまり洗車で車をピカピカにしてから持ち込んだ人に対し好印象を抱きやすいのも間違いないのでしょう。

つまり“心象”に繋がるのは確かだと。

心象という極めて曖昧なものが査定にプラスになるかどうかは査定士のさじ加減ひとつ。査定士の都合に合わせることで少しでもプラス査定の可能性を高めるという意味において洗車は意味があるのかもしれません。

とはいえ買取業者は車を買ってなんぼの商売。心象によって査定額を変えるというのであればプロ失格である気もします。

車内清掃はやっておくべき

車内清掃は査定アップに繋がる

数週間ほど洗車しておらず雨の汚れが付いている程度の汚れであれば査定にはほとんど影響しないと見て間違いありません。しかしそれは外装の話。洗車時に行う人も多いであろう車内清掃であれば話はまた違ってきます。

というのも、車内の汚れというのは査定に影響する要素であり、車内を綺麗にできるのであれば査定アップが望めるからです。

特にシートのシミや車内の臭いはできる限り取り除いておくべき。とはいえ、臭いに関しては素人の清掃でどうにかなる問題でない場合も多くなりますが。

外装や塗装の汚れと違い内装の汚れや臭いは取り除くことが困難な場合が多く、最悪の場合大規模な室内クリーニングやシート・カーペット交換が必要になるケースも。そういう状況の車は当然ながら大きなマイナスに。

車内の汚れや臭いに関しては日頃の心がけが重要になるものの、査定前にできる限り綺麗にしておくことで多少の査定アップ程度であれば期待できるでしょう。

査定前に車内清掃を行うことで思わる落とし物が発見できることもありますしね。外装の洗車以上に内装の清掃はしっかりと行うべきと断言できます。

買取査定前洗車のまとめ

一般的には買取査定の前に行った方がいいとされる洗車。しかしよほど極端に汚れていない限り洗車をしなかったからといって査定にマイナスに働くことはないでしょう。

よく語られる“査定士の心象”についてもあまり気にする必要はありません。買取業者数種による一括査定が普及している現在、“心象”なんて曖昧なもので査定を変えるような業者は淘汰される運命にあります。

ただし、雪道や泥道を走りドロドロに汚れてしまった場合は洗車したほうがいいのは間違いありません。

査定を行うのはあくまでも人間。多くの査定士の中には心象によって査定を変える人がいても不思議ではありません。そう考えればやはり洗車をしてから買取査定に臨んだほうが良いという考えも理解できます。

洗車したからといってプラス査定になる可能性は高くありませんが、マイナスになることはほとんどないため「やっておいて損はない」といったところ。

とはいえ1ヶ月洗っていない程度であればまず問題にならない。それでもどうしても気になるようであれば精神衛生上洗車をしてから持ち込んだ方がいいのではないでしょうか。

車の売却をお考えの方は

今乗っている車を手放そう、新しい車に買い換えようと考えている方は一度「かんたん車査定ガイド」での一括査定を検討してみて下さい。

かんたん車査定ガイドでの一括査定はガリバーやアップル、カーチスなど多くの有名買取業者が参加しており、その中から最大10社の査定を受けられ、私自身2度ほど査定をお願いしましたが、査定会社によってホンダフィットで約11万円、トヨタノアで約35万円の差が生まれました。

また一括査定では珍しく査定申し込みの時点で画面に売りたい車の概算価格も分かるという特徴があるため、その場である程度の査定額が想像できるというのも大きなメリットです。

かんたん車査定ガイドで一括査定

おすすめの車買取業者

あわせて読みたい関連記事