修復歴や事故車の定義と査定に与える影響

そもそも事故車や修復歴車って何?

修復歴車や事故車の査定 事故を起こした事故車や修復歴車が査定でマイナスになるのは知っているが、修復歴の定義がよく分からず、またそれはどの程度影響があるのか?

普通の人の感覚では事故を起こして修理や板金をすれば「事故車」「修復歴車」になるようなイメージがあると思いますが、これらには明確な定義があります。

まず、多くの方が感じているであろう「事故車=修復歴車」というのは間違いで、事故車というのは大小に関わらず事故を起こした車の事を指し、修復歴車というのは特定の部位を交換、修復した車の事を指します

事故を起こした車であっても簡単な板金やバンパー交換、ドア交換程度では修復歴は付かず、一方で修復歴車とは事故の有無に関わらず車の骨格部分を交換、修理した車の事を指します。

つまり極端は話、事故を起こしていなくても特定の部位を修理、交換すれば修復歴車になってしまうのです。

そして、事故を起こした車であればその修理の具合によって査定に与える影響は大きく異なりますが、修復歴のある車は査定において大きなマイナスであり評価額は修復歴無しの車に比べ大きく下がります。

■事故車=修復歴車ではない

修復歴の明確な定義とは?

特定の部位を交換、修理すれば修復歴ありになるのは分かったが、具体的にどの部分を修理すれば修復歴になるのかは非常に気になるところです。

下図が交換、修理すると修復歴ありとなる部位になります。

交換、修理で修復暦となる部位

これを見ても分かるように、多くの部位はそれなりに大きな事故を起こさない限り交換や修理が必要になる事はないものの、ルーフに関しては事故を起こさずとも思わぬ落下物や飛び石などによって凹みやすい部位でもあり注意が必要です。

台風での落下物や雹などによってルーフにへこみが出来たからといって安易に板金修理をすると「修復歴あり」となり査定額が大きく下がる原因になります。

他の部分に関しては軽い事故程度では修理や交換の必要がない場合も多いので、ちょっとした事故ならば修復歴を心配する必要はそれほどありません。

例えば電柱などの障害物にバンパーからフェンダー、フロントドア、リアドアまでこすってしまいこれらを交換するといった場合、金額的にも30~40万円は下らず一般的な感覚ではそれなりに大きな事故に感じますが、これらの交換だけでは修復歴ありにはなりません。

極端な話、前後バンパーや前後ドア、フェンダーに至るまですべて交換するような事があっても、上図の部分を交換、修理しなければ修復歴は付かない事に。

ただ、最近は車体を潰れやすくする事で歩行者や搭乗者への衝撃を和らげるクラッシャブル構造を採用する車がほとんどであるため、軽い事故でも骨格部分に思わぬダメージを受けている場合もあるので注意が必要です。

■特定の骨格部分を交換、修理した車が修復歴ありとなる
■事故車であっても修復歴が無ければ査定に大きな影響はない

修復歴車にしないために気を付けるべき事

上記の通り特定に部位を交換、修理すれば修復歴ありになってしまう事は理解頂けたと思いますが、では出来る限り修復歴車にしない方法というのは存在するのか?

結論から言えば多少は存在する…となります。

まず事故によって上図の部位を破損するような事があれば修復歴車になってしまうのは避けられませんが、ルーフやフロントピラーは外部にむき出し、センターピラーはドアの開放でむき出しになる部分に関しては少し話が異なります。

これらは思わぬ落下物や荷物の積み下ろしの際にぶつけてしまったりと日常的な使用でも凹ませてしまう可能性がある部分。

もしこれらを予期しない事態で凹ませたり傷つけてしまった場合、もし修理に出して板金、塗装となれば修復歴ありになってしまうので、凹みや傷は気になるかもしれませんが、日常の使用に問題がなければ何もせず放置した方が査定にプラスになる事が多くなります。

もしくは板金塗装の必要がないデントリペアを利用するなどすれば凹みは気にならないレベルまで回復する可能性が高いですし、金額的な負担も少なく修復歴も付かないので、一度最寄のデントリペア業者に相談してみる事をお勧めします。

修復歴によって査定額はいくらぐらい減額される?

一口に「修復歴」といっても、比較的軽微なものから骨格部分をごっそり交換するような大きな修理のものまであるので、一概に「これだけ下がる」とは書けないので、ここでは修復歴車の平均的かつ目安となる数字としてご覧下さい。

仮に走行距離や色、グレードからオプションまで全く同じ車があったとして、唯一の違いが修復歴の有る無しであった場合、修復歴がある方は一般的におよそ2~3割安くなります。

仮に基準となる買取額が100万円であれば、それが70~80万円になるといった感じです。

この場合は修復歴の有る無しで20~30万円の差額が発生しておりますが、走行距離が伸びたりして買取額自体が低い場合は差額も少なくなりますし、逆に買取額が高い車になれば差額は大きくなります。

車の査定に与える要素は様々あれど、一番大きく影響するのがこの修復歴であり、また修復歴は他の要素と違い上で書いたようにベースの買取額に応じて減額幅が変わるのが特徴といえます。

実際の査定での減額幅の計算方法を「修復歴がある車の具体的な査定の減少額」で例を交えながら具体的に解説していますので、気になる方は覗いてみて下さい。

■査定額の減少はその車の基準額の2~3割
■減少幅は買取価格の安い車なら小さく、価格の高い車なら大きくなる

修復歴って車の査定で絶対ばれるものなの?

「車の板金や修理はプロがやっているものなので、綺麗に直っていれば買取や売却の際の査定でばれない事もあるんじゃないの?」

事故を起こしてしまった方の多くが考えるこの疑問ですが、結論から言ってしまうと査定士も人間なので見落とす事は稀にあるものの、修復歴のほとんどは見抜かれてしまいます。

修復歴を見抜くポイントはシーリングの違いやネジを回した跡、溶接跡や微妙な歪みなど様々あるものの、基本的にプロの目を欺く事は出来ません。

ディーラーなどによる下取りであればまだしも、車買取専門店などでは査定の前に必ず事故の有無や修理について聞かれ、ここで過去の修理の事を隠していても査定時にばれてしまいますので、心象を悪くしないためにも正直に申告するようにして下さい。

仮に査定時にはばれなかったとしても、車を売却する際に交わす買取業者との契約書には多くの場合「瑕疵担保責任」が明記してあり、後から修復歴が発覚した場合は査定額の減額による差額の返金などの責任が発生しますので、少なくとも修理した事は正直に申告するべきです。

ただ、買取業者によって修復歴ありと修復歴無しの境界線が若干異なっている場合があり、微妙な状況であればA社では修復歴ありだがB社では修復歴なしになったという事もあります。

車を売却する際は複数の買取業者に見積もりを取るのは基本中の基本なので、過去の修理をちゃんと申告した上で業者の判断を仰ぎ、その上で一番高く買い取ってくれるところに売却するようにしましょう。

車の売却をお考えの方は

今乗っている車を手放そう、新しい車に買い換えようと考えている方は一度「かんたん車査定ガイド」での一括査定を検討してみて下さい。

かんたん車査定ガイドでの一括査定はガリバーやアップル、カーチスなど多くの有名買取業者が参加しており、その中から最大10社の査定を受けられ、私自身2度ほど査定をお願いしましたが、査定会社によってホンダフィットで約11万円、トヨタノアで約35万円の差が生まれました。

また一括査定では珍しく査定申し込みの時点で画面に売りたい車の概算価格も分かるという特徴があるため、その場である程度の査定額が想像できるというのも大きなメリットです。

かんたん車査定ガイドで一括査定

おすすめの車買取業者


ズバット車買取比較
登録買取業者数
180社以上
最大査定業者
10社
■ズバット車買取比較の特徴
登録買取業者数は業界トップクラスとなる180社以上で、その中から査定する車種や地域を考慮し最適な業者を最大10社選定してもらえ、申し込みも非常に簡単。
ズバット車買取比較の詳細ページへ ズバット車買取比較公式サイトへ
カーセンサーの一括査定
登録買取業者数
500社以上
最大査定業者
30社
■カーセンサーの特徴
非常に有名な中古車情報誌カーセンサーの一括査定で、中古車市場へのパイプの太さから登録買取業者数は業界最多となっており、選定される業者も多いのが特徴。
カーセンサーの詳細ページへ カーセンサー.net簡単ネット査定へ

あわせて読みたい関連記事