R34スカイラインGT-Rの査定額は驚くほど高い

直6RB26DETTを積んだ最後のGT-R

R34GT-Rの査定額 BNR34型のスカイラインGT-Rは1999年1月~2002年8月まで販売され直6エンジンであるRB26DETTを積んだ最後のGT-Rです。

R32GT-Rから搭載されたRB26DETTはエンジンの基本設計こそ同じであるものの性能は飛躍的に向上しており、堅牢なボディ剛性や進化したアテーサE-TSなど高い性能を誇ったものの、2000年頃というのはスポーツカーの人気が無くなっていたこともあり販売台数は11000台余りと低迷しました。

しかし販売が終了してからも一部で高い人気を誇る一方でタマ数が少ないため買取額、販売額共に高値で安定していましたが、R34スカイラインGT-Rの価格をさらに高騰させるきっかけになったのがR35GT-Rの登場です。

R35GT-Rでは「スカイライン」の名を排したためR34GT-Rが最後のスカイラインGT-Rということになり、また3代に渡って搭載されてきた直6の2600ccツインターボであるRB26DETTからV6の3800ccツインターボであるVR38DETT型エンジンに切り替わったこと、R35にマニュアルが用意されなかったことなどからR34の人気が高まり相場を一気に押し上げました。

近年の海外でのGT-R人気も後押ししR34GT-Rは凄まじい高値を維持しており、中古価格がR35より高くなってしまう逆転現象も散見されます。

R34スカイラインGT-Rの査定額は?

排ガス規制によってR34スカイラインGT-Rの販売が終了したのが2002年8月ですから、2016年現在では最新のものでも14年落ちとなり、普通の車であればよほどの人気車種や高級車でもない限りほぼ100%査定額は0円になります。

しかしR34GT-Rは走行距離が10万kmを超えるようなものでも300万円を上回る査定額が付くことも珍しくなく、特にVスペックやVスペックⅡ、最終限定車である「Nur(ニュル)」などは10万kmを超えていても買取額は400万円オーバーなど高値で取引されています。

走行距離が5万kmを切り修復歴もないような状態であれば新車価格を上回る価格で販売されている事もあり、新車で購入し今も乗り続けているような方にとってはまさにお宝と言える存在でもあります。

GT-Rは今後も高値を維持することが予想されるため、今R34GT-Rに乗っている方は大事に乗り続けたいところですが、急にまとまったお金が必要になった時はすぐに数百万円の現金になるという資産的な価値も。

ただ人気は水物であり、今のような異常な高値がいつまで続くかは誰にも分からず、また乗っている以上事故の可能性もありますから将来の高値を期待して無理に維持するのも考えものですが、せっかくの名車ですから可能な限り大事に乗り続けてほしいと思います。

スカイラインGT-Rの査定額を知りたい方は

今スカイラインGT-Rをお乗りで売却や乗り換えを考えている方は一度「かんたん車査定ガイド」での一括査定を検討してみて下さい。

かんたん車査定ガイドでの一括査定はガリバーやアップル、カーチスなど多くの有名買取業者が参加しており、その中から最大10社の査定を受けられ、私自身2度ほど査定をお願いしましたが、査定会社によってホンダフィットで約11万円、トヨタノアで約35万円の差が生まれました。

また一括査定では珍しく査定申し込みの時点で画面に売りたい車の概算価格も分かるという特徴があるため、その場である程度の査定額が想像できるというのも大きなメリットです。

かんたん車査定ガイドで一括査定

あわせて読みたい関連記事