パールホワイトの車は査定で大きなプラスに

人気NO.1の色はホワイトパール

ホワイトパールの車は人気NO.1

昔から車のカラーとしてホワイトは高い人気を誇っていましたが、近年は単色のソリッドホワイトを設定している車は減る傾向にあり、代わってホワイトパール(パールホワイト)が当たり前になっています。

かつては比較的高級な部類の車に採用されていたホワイトパールは現在コンパクトカーや軽自動車にも当然のごとく設定され、キラキラと光り深みを感じさせる色合いは高級感があり人気NO.1のカラーと言っても過言ではないでしょう。

そんなホワイトパール、買取査定においてプラスになるのは言うまでもありませんが、査定額にどのくらい響いてくるのか、そして特にホワイトパールが強い車種というのはどういったものなのか見ていきたいと思います。

パールホワイトの買取額が高い理由

車の色において白というのは長年圧倒的な人気を誇っており、車種によっては販売する数の半分以上が白なんてことも珍しくないほど。

これは中古市場においても同様で、万人受けする色味に加え傷や凹みも目立ちにくく、買取査定においてもプラスが見込める白は売れ筋のカラーなので、当然買取査定においてもプラスになります。

そんな白の中でもパールの層が入っているパールホワイトは単色のソリッドホワイトにはない濡れたような艶と深み、輝きがあり、高級感という面でソリッドを圧倒していることから人気があるの頷けます。

ホワイトパールの輝き

また、パール系の色はベースの色にパールを吹き付け、その上にクリアを吹く3コート塗装であるため手間と塗装代がかかり、新車の段階では3~5万円ほどプラスになるオプションカラーであることが多く、そういった面でも普通のホワイトより販売価格も買取査定も高くなるのです。

クリアを吹いているため耐久性や耐候性という面でもホワイトを上回り、ある程度年数が経っても美しいことが人気を後押しします。

■濡れたような艶や輝き、深みはホワイトパールならでは
■多くの場合オプションカラーで他の色に比べ3~5万円高い
■ソリッドホワイトに比べ耐久性や耐候性に優れ古くなっても綺麗

パールホワイトが人気の車種

ホワイトパールはどの車種でも非常に人気があるためセダン、スポーツ、ワンボックス、コンパクト、軽など全てにおいてプラス査定になることはほぼ間違いありません。

中でもパールホワイトの需要が高いのはホワイト同様セダンやハイブリッドカーなど比較的年齢の高い男性に人気の車種。そういった人たちは目立つ色を好まない傾向にあり、落ち着きと高級感を兼ね備えるホワイトパールは安定して高い人気があります。

ただ、そういった車は新車の段階でパールホワイトが多く出ているため、場合によっては在庫がだぶつきプラス査定にならないケースも。

また女性のユーザーが多いコンパクトカーや軽自動車の場合、可愛らしい色が好まれる場合もあるので、ラパンやモコなど可愛らしい外観が特徴的な車だとホワイトパールがプラス査定にならないこともあります。

それでもマイナス査定になることは考えらず、ソリッドホワイトとパールホワイト両方の設定がある場合、通常パールの方が高くなるので、これほど安心して査定に出せる色もありません。

■パールホワイトはすべての車種で高い人気
■ホワイトに比べても査定額は高くなる傾向

ホワイトパールのプラス査定額

査定する業者や車種などにもよりますが、高い人気を誇るパールホワイトは需要によって基準の買取額から1割アップくらいで買い取ってもらえるケースもあります。

ただ、中古車の価格に占める色の割合はそれほど大きくないので、良くて5%増しくらいを想定しておくとガッカリしなくて済むでしょう。

それでも100万円の車で5万円プラスになるのですから、かなり大きな差です。

アルファードやヴェルファイア、クラウンなどもっと高価格帯のものであれば色による査定額の差も大きくなり、パールホワイトの恩恵を感じられるはず。逆に10万円20万円くらいの車の場合、パールによる恩恵はほとんど感じられないかもしれません。

買取業者によって力を入れている車種などが違い、同じ会社、同じ車でも査定士によってパールホワイトへの評価は微妙に変わってきますので、売却を考えている人は複数の業者に査定をお願いするようにしましょう。

パールホワイトの車の売却をお考えの方は

パールホワイトはホワイト以上に人気のカラーであるため、どんな車種でもプラス査定が期待できますが、買取業者によってその幅は異なってきますので、より良い査定額を引き出すためにも一度「かんたん車査定ガイド」での一括査定を検討してみて下さい。

かんたん車査定ガイドでの一括査定はガリバーやアップル、カーチスなど多くの有名買取業者が参加しており、その中から最大10社の査定を受けられ、私自身2度ほど査定をお願いしましたが、査定会社によってホンダフィットで約11万円、トヨタノアで約35万円の差が生まれました。

また一括査定では珍しく査定申し込みの時点で画面に売りたい車の概算価格も分かるという特徴があるため、その場である程度の査定額が想像できるというのも大きなメリットです。

かんたん車査定ガイドで一括査定

あわせて読みたい関連記事